会社方針

” 想いがカタチになる "

会社方針

及川被服の始まりは、昭和45年に先代が小さな工房でコツコツとズボン作りを始めたことにあります。やがて学生ズボンを作るようになり、現在のユニフォームパンツ専門の縫製工場へと歩みを進めて参りました。縫製という仕事は扱う素材がやわらかく、微妙な力加減と手さばきで立体的に縫い上げていく繊細な作業です。これからも一針一針心を込めてお作りして参ります。